貧血と頭痛の密接な関係。偏頭痛かと思っていたら貧血!!

貧血が起こると頭痛を伴うことがあります。

血液中の赤血球にはタンパク質であるヘモグロビンが存在し、このヘモグロビンは体内に酸素を運ぶという大切な役割を果たしています。

従って赤血球やヘモグロビンが不足すると体内に酸素が十分に運ばれない状態になり、それによって貧血が引き起こされるのです。体内全体に酸素が行き渡らないことによって、脳も十分に働かなくなり頭痛が起こると言われています。

頭痛は貧血の症状の中で珍しいことでなくよく起こる症状であり、頭痛のみならずめまいを伴うこともあります。また頭痛の感じ方も人によって違いがあり、ひどい人だと頭が揺れるような吐き気まで伴う場合もあります。貧血は突然発症するのではなく、長年にかけて進行することが多く、自覚症状を出にくい特徴がある為、頭痛やめまいがある場合は一度病院で診察してもらいましょう。

 

酸素を運べない状態・それが貧血

貧血というのは、酸素を運ぶ赤血球の数が少なかったり、赤血球が小さいこと で全身に酸素が行き届かなくなった状態です。頭痛は様々な影響で起こりますが、脳が酸欠状態になっても起こりやすくなります。脳の酸欠で起こる頭痛は、偏 頭痛のようなズキズキするものから、頭が重くどんよりするような頭痛もあります。貧血というのは全身で酸素不足が起きています。酸素を燃やして作るエネル ギー回路が利用できないため、身体にとってはかなり負担が大きい問題です。

girl-1488663_640

 

貧血は脳が酸欠になりやすい。

人間の身体で酸素消費が一番大きいのは脳です。体重の2%ほどしかない脳の酸素消費量は全体の25%にもなります。貧血によって酸素が脳に運べなくなると脳はとてもダメージを受けます。

貧血による脳の酸素不足は頭痛だけではありません。
注意力や判断力の低下、 神経症状など様々な影響が出るのです。鉄分不足から「うつ症状」がでることもあります。

貧血はあまりにも一般的で軽く考えられがちなのですが、貧血を改善することで、頭痛が少なくなること も珍しくないのです。

 

普段の食生活において鉄分を積極的に摂取しよう

症状を改善する為には、自分の貧血の性質のようなものをきちんと把握して日常生活を見直すことが大切です。貧血にもいくつかのタイプがありますが、最も多いタイプが「鉄欠乏性貧血」です。この「鉄欠乏性貧血」は体内の鉄分が不足することによって起こる為、鉄分を補充することによって症状を改善することが可能です。

普段の食生活において鉄分を積極的に摂取することを心掛けるようにしましょう。

鉄分を多く含む食品には、プルーンやほうれん草やレバーなどを挙げることが出来ます。こうした食品から摂取することが難しい場合は鉄分を多く含んだサプリメントやドリンクなどで補うのも効果的です。

こうした鉄分を多く含む食品を摂ることに加え、日々バランスの摂れた食生活や規則正しい生活習慣を送ることも大切です。血液の循環や巡りをよくする為にも適度の運動をすることも日常的に取り入ることが有効的です。

 

>>>貧血改善ドリンク・サジージュースはこちら