妊娠貧血!妊娠すると貧血になるメカニズム

妊娠貧血は妊娠初期の妊婦に多くみられる症状です。

妊娠貧血はこれまで体内に蓄えられた鉄が底をついて貧血を起こします。

妊娠は母体の身体でなく胎児がすくすくと大きくなるように栄養と酸素を与え続けます。つまり母体と胎児の身体とも血液が必要になります。血液を増やすために母体自ら備わっている造血機能をフル回転させて血液を多く作ります。この時必要になるものが鉄分です。

鉄分は赤血球にとって重要な成分です。血液を多くつくるほど鉄分の需要が高まります。しかし妊娠初期は「つわり」といった症状で食事量が減ってしまいます。食事量が減ると栄養だけでなく鉄分が不足してしまうのです。このように妊娠貧血は鉄の需要が高まるのと反対に鉄が不足することで起きます。

妊娠中期以降は胎児の発育が大きくなり鉄の需要が増します。妊娠後期は妊婦の4人に1人が妊娠貧血であると言われています。妊娠中鉄が不足することで起きる妊娠貧血は血液中に含まれる赤血球の量が減り血液が薄くなるために起こりますが、貧血は母体と胎児の身体それぞれ悪影響です。

流産や早産の原因となり分娩時陣痛が弱くなったり、出産後の赤ちゃんが貧血になってしまうといったリスクがあります。妊娠中に行われる妊娠検診が確実に行われるようになってから貧血を速やかに発見することができ妊娠貧血の治療が行われるようになりました。そのため今まで多かったトラブルが少なくなっています。

貧血だと診断されたら鉄剤を服用します。妊娠貧血を起こさない為にも健康的なマタニティライフを過ごさなければいけません。鉄の吸収にはビタミンCや葉酸が大切です。また鉄分を多く含む食材にはレバーやあさり、ひじき、ゴマ、小松菜があげられます。これらを積極的に摂り鉄が不足しないようにすごしましょう。