悪性貧血と良性貧血の違い

悪性貧血とは、ビタミンB12の欠乏によって起こります。ビタミンB12は、通常の食生活をしていればまず欠乏することはありません。
ピロリ菌などを原因とする萎縮性胃炎によって、胃粘膜が萎縮すると、ビタミンB12の吸収に不可欠な胃内因子が不足します。悪性貧血は、この胃内因子の分泌不足で発生するのがほとんどです。

胃内因子が不足すると、ビタミンB12の欠乏が生じ、デオキシリボ核酸(DNA)の合成に障害が出ます。これにより、無効造血となって、貧血症状が出ることになります。

なお、この貧血とは、ビタミンB12の存在が発見されるまで、この貧血の治療法がなく、死に至る病気であったことから、「悪性」という名が付けられています。あまり使用されませんが、この悪性貧血以外の貧血を良性貧血と呼ぶ場合もあります。

悪性貧血は、他の貧血と同様の貧血症状が出ます。めまい、息切れなどです。
その他に、DNAの合成障害が生じることから、神経症状が出る場合もあります。位置覚障害、知覚障害、認知症様症状などです。

上記のように、ビタミンB12の欠乏が原因であることから、治療は、ビタミンB12の摂取によって行います。主に、非経口投与(点滴など)によってビタミンB12を摂取します。ただし、ビタミンB12は、腸管からもわずかながら吸収することが可能であることから、大量経口投与(飲み薬による投与)を行う場合もあります。

ビタミンB12の投与により、悪性貧血の、特に貧血症状は、劇的に改善します。ただし、神経症状については、貧血症状と比べると回復が遅く、また、完全に改善しない場合もあります。従って、初期の段階で処置を受けることが好ましいです。