知っておきたい!貧血の薬について

女性に多い病気の中に、貧血があります。
約一割の方が悩んでいると言われてます。

そんな貧血の症状ですが、少しづつ進行してゆくために気がつくのが遅れる傾向です。
息がすぐに切れたり、体がだるくなり疲れやすいなどの自覚症状がありますが、ひどくなるとふらつく事も出てきます。

そんな症状を、改善してくれるのが貧血の薬になります。

 

特に女性に、多いのが鉄分欠乏症による貧血になりそれを補うのが貧血の薬です。
体の中の鉄の容量が、極端に減少することで起こる病気なので貧血の薬には当然鉄分が多く含まれています。

少し前の、貧血の薬は鉄剤をそのまま丸めていたために、胃の調子や下痢などの副作用がありました。
しかし、現在の鉄剤は改良されて表面をコーティングする事で副作用は随分と少なくなっています。
また胃で溶けず、十二指腸で溶けるようになっている鉄剤もあり負担が軽くなります。
そうした事から、副作用を訴える人は減りつつなっていますがやはり、今でも一割の人が胃の不調を起こしています。

本来は、体への吸収を考えると空腹時に摂ることが一番いい方法ですが、胃への負担を考慮して食後に摂る事を進めるケースもでています。

しかし、こうした事もほとんどが精神的な事から不調になると言われてます。
どうしても、胃の不調が治らない時には医師から直接注射をして鉄剤を体に入れる事も出来ます。
また、貧血の薬である鉄剤を服用すると、便が黒くなりますが、これは鉄の作用によるものなので心配はいりません。

そうして、以前から貧血の薬を服用するときはお茶ではなく水や白湯でと言われています。
それは、お茶の成分であるタンニンが鉄の吸収を妨げるからです。
正しい飲み方で、体への吸収が変わってきます。

 

天然果汁で貧血が改善する??ってほんと?