腎性貧血の原因と症状について

腎性貧血とは腎臓の機能が低下することによって起こる貧血です。

腎臓は非常に重要な臓器の一つで、主に血液からの老廃物や余分な水分のろ過及び排出、体液の恒常性の維持などを主な役割として担っています。
また、腎臓は様々なホルモンを分泌しています。そのホルモンの中に「エリスロポエチン」という赤血球を作るはやらきを促進するホルモンがあります。

腎臓の機能が低下すると、この「エリスロポエチン」が分泌されにくくなります。そうすると、赤血球を作るはたらきが弱くなって貧血になります。
さらに、低酸素に対する感受性の低下や尿毒症による低栄養などによって貧血の症状が進行します。
これが「腎性貧血」です。

腎性貧血を起こす原因として慢性腎不全や血液透析を受けることなどが挙げられます。
慢性腎不全は放置するとかなり危険なので注意が必要です。

腎性貧血の症状は、疲れやすい、息切れ、めまい、食欲不振、動悸、爪色が悪い、頭痛などがあります。
普通の貧血とは違って、腎性貧血は徐々に進行します。そのため体がその症状に慣れてしまい、自覚できない場合があるので注意が必要です。

また、貧血によって全身に酸素が行き渡らなくなり、酸素が不足します。
それを補うために心臓がよりはたらくので、負担がかかってしまいます。
貧血には、鉄分の不足によってヘモグロビンの生産が不十分になることでで起こる「鉄欠乏性貧血」がありますが、腎性貧血とは原因が異なるので治療法も異なります。

腎性貧血の治療法は、分泌されなくなったエリスロポエチンを与えることでことです。
一般的に貧血には鉄を補給すれば良いと言われますが、腎性貧血は鉄を補給するだけでは改善しません。
然るべき治療が必要です。