貧血予防に役に立つ鉄分を多く含んだ食材とは

貧血予防にはどんな食材が適しているかというと、鉄分には2種類あってヘム鉄と非ヘム鉄があります。

ヘム鉄を含む食材はレバー類、ししゃも、シジミなどがあり、腸で吸収されやすいのが特徴です。
ただしレバーは摂りすぎるとよくありません。

シジミはお味噌汁にするのもよいですが、シジミの佃煮を買ってくれば手軽に食べることができます。
非ヘム鉄を含む食材として、ひじき、納豆、ほうれん草などがあります。
腸での吸収率はヘム鉄より劣りますが、いろんな栄養素を含んでいますので、食べるとよいでしょう。

 

ほうれん草をさっと湯がいて、めんつゆに浸し鰹節をかければ、簡単におひたしが作れます。
これらの食材にビタミンCを加えると鉄分の吸収力がアップしますので貧血予防の助けになります。
ししゃもにレモン汁をかけるとさっぱりと食べることができます。

お酢や梅干しは胃酸の分泌を高めるので、これも同じように鉄分の吸収に役立ちます。
お弁当や定食についている梅干しを摂るようにすれば、苦手な人もいるかも知れませんが簡単な貧血予防になります。

しかし、鉄の吸収を妨げるタンニンは緑茶、紅茶、コーヒーなどに含まれています。
食前や食事中、食後には、ほうじ茶、ウーロン茶がよいでしょう。

 

貧血予防することによって、疲労、肩こり、消化不良などが改善されます。
貧血の人は年々増えていますが、食生活の多様化で平均的な摂取量の半分しか摂れていない人が多いためです。
貧血は全身が酸素不足になる状態ですので、最近少し動くだけで疲れたり、イライラを感じたりすると思い当たるならば、食事の内容を充実させることによって、疲れにくい体になり、仕事も家事も趣味も元気に楽しくすることができます。