貧血対策をするなら摂取したい食べ物とは:レバー

貧血の中でも最も多いのが鉄欠乏性貧血です

これはヘモグロビンの主材料となる鉄が不足してヘモグロビンが作られなくなることで起きる貧血です。そして、その原因は様々です。

原因の第一に上げられるのは、食生活での鉄摂取量の不足があります。

次に鉄を十分吸収出来ない場合があります。

吸収不足は手術による消化器の切除などを受けた場合におこると考えられます。

消化管やその他の臓器からの慢性的な出血をがある場合も考えられます。また、妊娠期や授乳期の女性や成長期の子供の場合、大量の鉄分を必要とするため貧血になることがあります。これらの貧血で病気が原因でないものに関しては、食生活を改めることで症状を改善することが可能です。

鉄の需要の増加と鉄の排出過多、鉄の摂取不足を改善すれば良いからです。どの場合であってもまず規則正しい食生活を心がけ、鉄分を積極的に摂取することがポイントです。

鉄分の豊富な食べ物の代表としてレバーがよく知られています。レバーは鉄の量が多いというだけでなく、鉄の身体への吸収率も非常に高いので、大変効率良く貧血を改善していくことができる食べ物だと言うことが出来ます。レバーの優れている点は銅も含んでる点にあります。このことによって、内臓に蓄えられている貯蔵鉄を効率良く引き出して貧血を防ぐことが可能となります。

さらに鉄の吸収を高めるためには良質のタンパク質とビタミンCを一緒に食べることをお勧めします。レバーも含む肉や魚などのタンパク質は血液中の赤血球やヘモグロビンを作るとても大切な栄養素です。しかしタンパク質は一度に沢山摂取しても身体の中に蓄えておくことが出来ません。毎回の食事で必要量を十分満たすことが大切です。