貧血検査の内容とは

貧血と一口に言っても、いろいろとあります。
鉄欠乏性貧血、巨赤芽球性貧血、再生不良性貧血、溶血性貧血、悪性貧血などがあるのですが、若い女性に圧倒的に多いのが鉄欠乏性貧血です。

鉄欠乏性貧血の原因としては食事以外に子宮筋腫や子宮内膜症による過多月経がしばしば見受けられます。

貧血の疑いで内科を受診した場合、貧血検査として、まずは医師の問診や視診があります。

問診では、生理の量を聞かれることもあります。
生理の量は人と比べることもないので、自分では多いか少ないかわかり難いと思います。目安としては、昼でも夜用ナプキンを使う場合は、多いと考えてください。昼用のナプキンが2時間以上持たない場合も多いと考えるほうが賢明です。

視診では目を診ます。あかんべーをして、白かったら貧血とよく言われますが、軽度の貧血の場合はまだ白くなりません。

子宮筋腫が貧血の原因なこともありますので、腹部触診もやってもらったほうがベターです。

 

その後、採血をして貧血検査が行われます。
鉄欠乏性貧血だと赤血球の中のヘモグロビンが不足しています。また、MCHや、MCHC、MCVもたいてい調べます。
MCHは平均赤血球ヘモグロビン量といって、赤血球中に占めるヘモグロビンの量です。MCHCは平均赤血球ヘモグロビン濃度、MCVは平均赤血球容積です。鉄欠乏性貧血の場合、MCVやMCHCが低くなります。

また、赤血球の大きさのばらつきや形がいびつなものがないかなども見ます。血液中のフェリチンや鉄も調べることがあります。
貧血の原因が子宮筋腫の可能性がある場合は婦人科受診を勧められることもあります。

鉄欠乏性貧血なら、この程度の貧血検査で済みますが、貧血の原因が骨髄にあるような場合には、これらの貧血検査に加えて
骨髄穿刺が行われることがあります。
しかし、骨髄穿刺まで行うことは通常の鉄欠乏性貧血では、まずない、と言っていいでしょう。