貧血目の判別方法について

目は症状や病気なのかを知ることができる場所だと言われています。
それは体の不調は目に現れやすいからです。

 

目に何らかの違和感があったとき異変に築き病院で症状や病気が隠れていないかを診断して治療へあたることができます。

つまり目は体に不調があるか調べるために重要な県呼応のバロメーターなのです。

 

貧血は脳が酸素不足することで起きる症状です。貧血なのか調べたい時は下まぶたを確かめることで判別することができます。貧血なのかを判別するためにはまず下まぶたをめくってみてください。

この時コンタクトレンズを入れる時のように指を使えば上手くめくることができます。

下まぶたをめくったときピンクや薄い赤であれば健康な状態であると判別できます。しかし下まぶたをめくったとき真っ白であれば貧血であると判別できます。下まぶたが真っ白な状態は赤血球が不足していることで起きます。

鉄分が不足すると赤血球が少なくなるため酸素が細かな欠陥まで送り届けることができません。

脳まで酸素が行き届かず貧血になってしまうのです。貧血であると判別できたとき食生活を見直してみましょう。日ごろから朝食を抜いていたり食事量を減らすなど無理なダイエットをしていると栄養だけでなく鉄分が減ってしまいます。

また外食が多く市販のインスタント食品や弁当、冷凍食品が多いと野菜不足になってしまいます。野菜は鉄分やミネラルなどたっぷりの栄養が詰まっています。

野菜不足にならない為にも日ごろから積極的に摂りましょう。下まぶたをめくったときピンクや薄い赤、真っ白でなく真っ赤なときはストレスが原因だと考えてよいでしょう。

ストレスにさらされると身体はストレスに対抗するため赤血球を増加させます。このため下まぶたをめくったとき赤くなっているのです。

オススメ貧血対策はこれ