貧血を予防するために

tp-1

 

・貧血って何?その原因は?
・貧血にもいろいろ種類があるの?
・どうすれば貧血予防ができるの?
など、知っておく必要がある項目があります。

 

貧血とは・・・

一般にヘモグロビンの濃度が基準値を下回った場合に貧血とされます。(医学的には血液のヘモグロビンの濃度や赤血球の数、赤血球容積率が基準値を下回った場合を貧血という。)

ヘモグロビンは酸素を体の隅々に運び、不要な二酸化炭素を肺へ集める働きを行っています。集められた二酸化炭素は体外へ排出されます。

原因は様々ですが、ヘモグロビンが減少すると、酸素の運搬量が減り、様々な症状を引き起こします。

女性の10人に1人が貧血といわれるほど身近な病気です。また、若い女性に多く患者数は180万人にのぼるとも言われています。
※低血圧による「立ちくらみ」「ふらつき」は脳貧血と言われ貧血とは異なります。

貧血には数種類ありますが、90%以上が鉄欠乏性貧血といわれております。この鉄欠乏性貧血の予防や治療には鉄分の摂取が必要になります。

一般的に貧血=鉄分の印象がありますが、これには理由があります。

ヘモグロビンが基準値を下回ったら貧血といわれますが、ヘモグロビンは酸素と結合するヘムという物質とグロビンというたんぱく質が結合してヘモグロビンといいます。

このヘムという物質の合成には鉄が必要になりますが、吸収率が非常に低いのでビタミンCと鉄分を一緒に摂取するなどで組み合わせを考慮すると鉄分の吸収率が高まります。そのため鉄分摂取が重要なポイントになります。

貧血予防には、日頃の食事で鉄分不足にならないように対策して、積極的に鉄分を摂取できるようにすることが大切です。

→貧血って血が薄いこと?

貧血には以下のような諸症状があります。

【めまいや立ちくらみ】
【疲れやすい】
【息切れ、動悸(どうき)】
【頭痛】
などがあります。

貧血の症状を知る

 

貧血の種類には以下のような種類があります。

【鉄欠乏性貧血】
【巨赤芽球貧血(悪性貧血)】
【溶血性貧血】
【再生不良性貧血】
【続発性貧血】
などがあります。

→貧血の種類を知る

・鉄分は吸収率が低いことに加え、女性は生理などの影響もあり鉄分が不足しがちです。

貧血予防には鉄分を効率よく摂取する必要があります。
鉄欠乏性貧血は身近な病気です。鉄分を効率よく摂取して普段から貧血予防に心がけましょう。

食事で貧血予防

鉄欠乏性貧血の予防には鉄分を効率よく摂取する必要があります。

それでは、どのような食品が鉄分を多く含んでいるのか。
また、鉄分の吸収率を上げるにはどのような食品を一緒に取る必要があるのかをご紹介します。

鉄分の多い食品を知ることも必要ですが、
鉄分の吸収率を高める食品や、吸収率を下げる食品も知る必要があります。

→食事で貧血予防